紀の川市立那賀中学校                 
本文へジャンプ

紀の川市立 那賀中学校

〒649-6631
和歌山県紀の川市名手市場1061

TEL 0736-75-2078
FAX 0736-75-2077

              校章   
          

              校訓  強く 正しく


  ■沿革概要

  
  昭和40年4月 応神中学校と麻生津中学校を統合し、

  
  那賀町立那賀中学校として開校

  
  昭和41年4月 校舎(教室棟)完成

  
  昭和45年9月 校舎(管理棟)完成

  
  昭和49年6月 校舎(特別教室棟)完成

  
  平成17年11月に市町村合併により紀の川市が誕生、

  
  紀の川市立那賀中学校に変わる。


  2014年4月12日(土) 格技場新築竣工式
校歌はこちらのページへ
 ◆ 地域の様子

   本校の校区は紀の川市の東端に位置し、東は伊都郡と隣接している。北は葛城山、南は飯盛山に囲まれ、中央に清流紀の川が流れている。

  また、医聖華岡青洲の生誕地としてよく知られた所である。

   校区は、旧大和街道と国道24号線沿いの商業地域と、山麓や平野部の農業地域に大きく分かれている。農業においては、地形を利用して

  柑橘栽培が盛んに行われているが、近年は需要の変化と交通網の整備に伴い、多様化した果樹栽培、施設園芸が積極的に行われるように

  なってきている。また、商業地域は歴史が古く、名手市場を中心に堅実に発展してきたが、比較的小規模店が多い。 全体的に給与所得者が

  増加している。


 ◆ 学校、生徒の様子

   本校は、昭和40年4月、応神中学校と麻生津中学校が統合し、那賀町立那賀中学校として開校された。 本校の東隣には名手八幡宮があり、

  木々が豊富で緑が多く自然環境に恵まれた学校といえる。 さらに北隣には平成11年4月に華岡青洲顕彰施設「青洲の里」と「和歌山県立高等  

  看護学院」がオープンし、近隣一帯が文化・学習ゾーン的地域となった。 本校の生徒は、北の上名手小学校区、中の名手小学校区、南の麻生

  津小学校区の生徒から成っている。 生徒は概して素直で明るく開放的であり、学習や学校行事、生徒会活動、チーム活動等積極的に取組み、

  全体的に落ち着いた学校生活を送っている。